すべての競馬はリンクで当たる 「馬番を見て、買う」だけの2ステップ馬...
JRA現役騎手がバラした必勝競馬術 [ 渾一成 ]
一獲千金!日刊コンピ王

ダービー

「人馬一体」こそ、ダービーを制するに相応しい!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


ハープスターの蹄鉄がはずれそうになっていた!?

本当ですか?

しかし、今だ関係者からその件に関してのコメントが無いというのも不思議な話!?
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140527-00000503-sanspo-horse

弾けなかった原因がこれだったらなんとも不運としかいいようがないですね

まぁ、いかなる理由があったにせよ今回は負けは負け。

この敗戦を糧にして、なんとしても秋は夢のビッグタイトルを掴んでもらいたいですね。



さぁ、一年で一番熱くなるダービーウイークに突入しました。

今年は牝馬のレッドリヴェールの参戦で更なる盛り上がりを見せそうです。

去年のダービーは予測の段階から的中に至るまで、会心の勝利を手にすることが出来ました


そのダービー当日に書いた記事です
http://eshisuu.seesaa.net/article/363674229.html


そして、これはもうある程度競馬をやってる人ならダービーというレースがどういうレースなのか?

このポイントを押えておけばダービー的中へグッと近づけること請け合いです


ですので、再確認のためにこれも去年のダービー前に書いた記事ですがご覧ください
http://eshisuu.seesaa.net/article/362500104.html


とにかくダービーというレースに大事なのが「人馬一体」だということ。

レース直前に初コンピを組んでこのレースを制するというのはどだい無理だというのが過去の歴史が物語っています。

そうなると一番気になるのは「レッドリヴェール」の存在ということになりますね。

もちろん今年もセオリー通りこの馬に対しては、馬単、3連単の1着欄を塗りつぶすなどという愚かなことはしないつもりでおります

木曜日の枠順発表を楽しみに待ちましょう


スポンサードリンク






| 東京 🌁 | ダービー

ヴィクトリアマイル

名手ウチパクの復活、かねてから予想してたことが現実に!!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。

あの有名な元ザ・ビートルズのメンバーで大スターのポール・マッカートニーが、来日してるにもかかわらず体調不良のため予定されていた公演をすべて中止するという事態が発生しました。

本来なら今日、東京の武道館で公演を行っていたですが、ファンの方は誠に残念だったでしょうね。

チケットの払戻し額が30億円超にものぼるみたいですよ、とてつもない金額ですね!!



先週の日曜日はかねてから予想していたことが現実に起きてしまいました!

まぁ、これをご覧下さい、2月の終わり頃に私の書いた記事です。
http://eshisuu.seesaa.net/article/389832885.html


ヴィルシーナの単勝が11番人気で28倍、複勝でも760円ついたんですねぇ、実に美味しい馬券じゃないですか!!

ちなみに私は先週の日曜日は身内の人間が病気を患ったためにその人のお見舞いを兼ねて少し遠いところへ出向いてました。

よって日曜日の競馬は完全に閉店状態でした。

よりによってそんな時にねぇ〜

いやいや、そんな事を言っちゃいけませんね。

でも、後から映像を見ましたが、あのウチパクの嬉しそうな表情はほんと印象に残りました

ジョッキーにも、馬にもほんとおめでとうと言いたいですね

お次は安田記念へ出るみたいですが、人馬一体で復活したヴィルシーナが強豪牡馬相手にまたどんな競馬をするか見物です。



スポンサードリンク






天皇賞(春)

日本中を衝撃の渦に巻き込んだキズナショック!!

皆さんこんばんわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


昨日、日本中に衝撃が走りました!


「キズナが骨折リタイヤ、宝塚は絶望、凱旋門賞も白紙に!!」


競馬をやってる方ならとっくに御承知だと思います。

天皇賞でキズナから馬券を買っていた人もショックでしょうし、キズナファンにとっても本当にショックでしょう

そして、何よりも楽しみにしていた凱旋門賞でのキズナの走りも、また来年以降にお預けとなってしまいました

まぁ、高速馬場が原因だとか、なんで天皇賞に出走させたんだとか、色々周囲は騒がしいですが、運が悪かったとしか言えませんね

とにかく今は復活を待ち望むのみです。

1番ショックだったのはそのキズナの手綱を取っていた武豊自身でしょう

彼のことだからきっと再起してきたキズナと共に、また華麗な復活劇を見せてくれるはずです

なんだかんだ言っても、まだまだ競馬界の第一陣者ですからね。

今週のNHKマイルでも有力馬のサトノルパンの手綱を任されて、どんな競馬を見せてくれるのか楽しみです



ところで、そんな「武豊」の本が今話題になっています。

あの天才武豊の「苦難の日々」の真実!

有名馬主との確執から悪夢の落馬事故、そしてどん底のスランプまで。

天才は何を悩み、何を「決断」したのか?

逆境から這い上がるまでの「心の軌跡」!

「逆境に負けない」天才が明かした復活までの「葛藤」「苦悩」「心の声」がすべてわかる一冊となっています。

これは単なる馬券本ではありません。

武豊が好き、武豊のファンなら尚面白い一冊だと思います。

本の値段も良心的ですし、一度手に取って読まれてみてはいかがですか?





スポンサードリンク






| 東京 ☀ | 天皇賞(春)

天皇賞(春)

やはり波乱が起きたフルゲートの天皇賞、田辺の勢いにも脱帽!!

皆さんこんばんわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


GWも残り1日となってしまいましたね。

あなたのGWはいかがだったですか?

競馬も含めて楽しめましたか?



春の天皇賞、フルゲートの時は必ず何か波乱が起きる!

これはメルマガの方でも書きました

どういった波乱が起きるんだろうと思いきや、結果1番人気、2番人気のキズナ、ゴールドシップが見事なまでに馬券から外れてしまいました!!

キズナに関しては当初からこの春の天皇賞に出走を表明した時点から??がついていました。

なんでココに出る意味があるんだろうか?って。

結果は思ったほど伸びきれなくて4着。

ただ、ゴールドシップが出遅れるなんて想像も出来ませんでしたが、この2頭はちょっと危ないんじゃないか?というところまでは予想が出来ました。

しかし、3着のホッコーヴレーブの激走にはさすがに参りましたね

まったくのノーマークでした。

う〜ん、これも競馬だから仕方ない

ホッコーヴレーブの田辺君、今年は初っ端のフェブラリーSを勝って念願のG1タイトルを手中に収めました。

そして、昨日の勢いをそのまま船橋の方へ持っていき、今日の交流G1のかしわ記念もコパノリッキーで制しました。

彼はココ1〜2年で一皮も二皮も向けた感じがしますね。

ココまで上昇してくると、彼にはこれからどんどん良い波がやって来るでしょう。

一流厩舎や一流馬主の方からもどんどん声が掛かるようになり、良い馬にもめぐり合えるようにもなるでしょうね。

彼がこれからどこまで成長していくのか、一競馬ファンとしても期待を寄せて見守りたいと思います。


スポンサードリンク






| 東京 ☁ | 天皇賞(春)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。