すべての競馬はリンクで当たる 「馬番を見て、買う」だけの2ステップ馬...
JRA現役騎手がバラした必勝競馬術 [ 渾一成 ]
一獲千金!日刊コンピ王

天皇賞(春)

フルゲートの時は何かが起こる春の天皇賞!!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


早い人ではすでにGWを取ってる方もいるのかな?

でも、中小企業の社長さんなんかとよく話しをしてると

「いや〜、とんでもないよ、そんなのは一部の大企業だけじゃないの?

そんなたくさん休みを取られたらウチなんか会社潰れちまうよ!」

っていうお声が多いですね(笑)

まぁ、確かにごもっともというところでしょうか。

今年のGWは日並びが良いの色々と楽しめそうですね。

あなたは今年のGWはどういう過ごし方をしますか?



さて、競馬の方は今週からG1シーズンに突入します

6月の安田記念まで6週間連続のG1の開催

競馬ファンとしてはほんとウキウキする時期でもありますね

何より馬券で当ててお金の払い戻しを受ければ尚更テンションも上がる!

まずはその初っ端の春の天皇賞で勝てるように頑張っていきましょう


その春の天皇賞ですが、現在登録数は18頭

このまま無事に行けばギリギリでフルゲートを確保です

でもこのレースはフルゲートの時って何かが起こる!?

今年はどんなドラマが展開されるのか?

まだ枠順も決まってないのにそんなことばかり考えてます

去年の形相とは反対に今年は混戦模様

人気は去年の雪辱を晴らしたいキズナに出走に踏み切ったゴールドシップ

史上初の3連覇を狙うフェノーメノ、連勝中の上がり馬アドマイヤデウス

この4頭あたりがまずは人気をもらうでしょう

以下、ウインバリアシオン、サウンズオブアース、ラブリーデイ、ラストインパクトみたいな

人気の順に落ち着くのではないでしょうか?

そして指標ともなるべきコンピ指数から傾向を探ってみると

やはりフルゲートの時は指数10位以降の馬がよく絡んでいます

ただ、その傾向を見てみるとちょっと面白いことが!!

平成10年から1年おきに指数11位以降の馬が絡んでいるのがわかります

順番でいけば今年は1着、2着、3着が指数10位以内で収まるように思います。

まぁ、あくまでも傾向ですから絶対とは言い切れませんがね。

ただ、そういう風に決め打ちをしていくのも時としては大事になってきます。

私は今年の春の天皇賞に関しては指数11位以降の馬は完全無視

来たら諦めというスタンスで挑むつもりでおります。

現時点で気になる穴馬をココで言っておくと



※ラブリーデイ
※サウンズオブアース
※スズカデヴィアス




この3頭がとても臭いですね

とくにラブリーデイなどはプンプン匂いますよ(笑)

血統から言ってもこの馬にはステイヤーの血が流れてますからね

前走の阪神大賞典の敗戦だけでは見限れません。

そして鞍上には京都の芝コースが得意なルメールですよ

人気の盲点になってくれれば絶好の狙い目だと思っています

枠順確定まであと2日

待ち遠しいですね。



スポンサードリンク






| 東京 ☀ | 天皇賞(春)

調教師

堀宣行氏のバイオリズムが沸騰中!!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


久しぶりのブログの更新になります

暖かくなってきたからかな?

春のG1シーズンだからかな?

まぁ、色々ありましてなかなかブログの方も更新を怠っていました。

これからまたこのブログも随時更新していこうと思いますので

皆さん宜しくお願い致します。



石橋脩とMデムーロじゃ天と地の差か!!

昨日の皐月賞はまたまたMデムーロマジックが炸裂して1冠をもぎとっていきました

私が以前からよくお話ししていた人間の好不調のバイオリズム

調教師である堀宣行氏のバイオリズムが今年は熱く熱く沸騰してるように思います。

まだ4月の段階で海外のG1を含め重賞を5勝

昨日のドゥラメンテを筆頭にサトノクラウン、モーリス、カフェブリリアント

リアルインパクトと飛ぶ鳥を落とす勢いとはこのことでしょうか。

堀宣行氏というのは元々は大学を卒業してからサラリーマンをやっていたという方

二ノ宮敬宇厩舎で厩務員を経てから調教師になり

約13年の歳月の中で数々の有力馬を育てあげた経験を持ち合わせています

G1もキンシャサノキセキやジャガーメイル、ストロングリターンなど

天皇賞や高松宮記念、スプリンターズSや安田記念などの勝利がありますが

牡馬の3冠レースにはまだ縁がありませんでした。

しかし、人間のバイオリズムというのは不思議な物です

潮が満ちているときは何をやってもうまくいくものなのですね

今回の皐月賞制覇だって例年にない程の回避馬が続出して出走が叶い

皐月賞3勝ジョッキーのMデムーロを確保できたのも

色んな巡り合わせの中で、ほんと運が良かったと言えるでしょう。

今やこの厩舎の馬が出てくれば人気になって当然なんですが

これから続く春のG1シリーズでももちろん目の離せない厩舎となりますね。



つい先日までは桜色が舞っていましたが

あっという間に新緑の季節に突入してしまいました。

今週から開催も変わり、私の大好きな春の東京開催が始ります

ワクワクしてきますね!



スポンサードリンク






| 東京 ☁ | 調教師

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。