すべての競馬はリンクで当たる 「馬番を見て、買う」だけの2ステップ馬...
JRA現役騎手がバラした必勝競馬術 [ 渾一成 ]
一獲千金!日刊コンピ王

騎手

横山典=藤沢和雄の両者は元々相性が良くないんじゃない!?

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


今日は競馬予想とはちょっと異なる話を!

つい最近というか、ダービーという大レースを前にして頓挫してしまった横山典=藤沢和雄の両者の関係。

事の発端というか、深い真相というのは我々ファンにはわかりかねるところですが、いずれにしろ横山典=藤沢和雄の関係が絶縁になったというのは間違いないところみたいですね。

それに伴ってダービーで有力候補であったコディーノは急遽ウイリアムズに乗り代わり、藤沢厩舎の出走予定の馬のところからも横山典という名前が一切消えてしまいました。


な〜んかこういうことが以前にもあったようなないような、いや、あったんですよね。

そして、横山典だけでなく藤沢厩舎にG1勝ちをたくさんもたらしたあのペリエもそうだったですよね。

そのペリエは一説の噂によれば、ペリエは酒好き、女好き、とにかく遊び好きでよく朝の調教に遅刻をしてきていて、厳格な藤沢和雄氏の堪忍袋の緒が切れてしまいそれ以来絶縁したという話を聞いたことがあります。


まぁ、今回はそういう理由ではないにしても両者の信頼関係は終わってしまったようにも感じますね。


でも、考えてみれば元々横山典=藤沢和雄の両者の相性というのはそんなに良いとは思えませんでした。

当初の藤沢厩舎の主戦ジョッキーであった岡部幸雄が引退してから横山典は準主戦的な感じで藤沢厩舎の有力馬や良血馬と言われた馬に跨ってきましたが、横山典が藤沢厩舎の馬でG1を獲ったのはシンボリインディとスティンガー、そして岡部の代打で騎乗したマイルCSのタイキシャトルぐらいしかないんですよ。

後はゼンノロブロイやペルーサを始め、ことごとくG1では負けていたのが記憶にありますね。


これってやはり相性の問題というのが一番強いんではないでしょうかね!?


確かにファンとしては横山典=藤沢和雄でダービー制覇!というのを夢みていたとは思いますが、現実はそう甘くないといったとこでしょうか。


「コディーノでダービー頑張ります!」とファンの前で公言していた当の横山典はダービーでの騎乗馬は今のところ無し。


その鬱憤をもしかしたら今週のオークスで爆発させるかもしれませんね!?



スポンサードリンク







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。