すべての競馬はリンクで当たる 「馬番を見て、買う」だけの2ステップ馬...
JRA現役騎手がバラした必勝競馬術 [ 渾一成 ]
一獲千金!日刊コンピ王

騎手

ミルコ・デムーロに続けとばかりに外国からの波が押し寄せるのも時間の問題かも!?

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。

もしかしたら今、お盆休みで実家などへ帰省していたり、またはどこかへ旅行などへ出掛けられていて、猛暑の中、クーラーをかけながら寛いでいる方も多いと思います。

大変な猛暑が続いているので、とにかく熱中症には気をつけてくださいね。


そんな中ニュースを見ていて思ったのですが、気象庁や厚生労働省が熱中症予防で「冷房の適切な利用」を呼びかけていました。

「冷房症」という言葉があるくらいなので、気象庁や厚生労働省がこんなことを言うのかと思ったのですが、そうもいってられないほどの猛暑ということかもしれませんね。

節電も大事ですが、気にしすぎて体を壊してしまっては本末転倒なので、こまめな水分補給と塩分を摂るのを基本としつつも、適度に冷房も利用して熱中症を未然に防いで下さい。



先週、JRAは正式に14年度の調教師・騎手免許試験要項を発表しました。

ご存知の方も多いと思いますが、簡単に言えば外国人騎手や外国人調教師が日本でもっと活躍できるような制度に緩和されたようです。

今まで外人騎手というのは「短期免許」でしか日本での騎乗機会が認められなかったのですが、今後試験に合格して免許を取れば通年を通して日本で騎乗できるようになるわけです。

待ってましたとばかりに早速あのミルコ・デムーロが手を上げたようです。

日本語での口頭試験等があり、さすがにハードルは少々高いみたいですが、日本への思い入れが強い彼なら恐らく免許を取得して、来年以降は年間を通して日本の騎手として活躍するのではないでしょうか!?

今から約12年前ぐらいに、あのアンカツが地方競馬出身者として初めてJRAの騎手として風穴を開けたように、今後はデムーロに続けとばかりにどんどん各国の外人騎手がこの免許を取得しようとチャレンジしてくるのではないかと思います。

これがいいか悪いかは賛否両論があると思いますが、月日が流れたらいつのまにか今の日本相撲協会みたいに、周りを見渡せば外人ばかりになっていたなんて時代が来るのも時間の問題のようにも思います。

そうなると必然的に自分の騎乗機会が減らされるという日本人騎手の死活問題というのが必ず出てくるのが今から目に浮かびます。

現在もそうですが、今後も日本人騎手たちは本当にウカウカしていられないんじゃないかと思いますよ。


さて、今週は豪華メンバーが揃った札幌記念が行われます。

G1ホースが5頭も参戦と、まるでG1レースのような揃い踏み。

真夏の熱き戦いが今から待ち遠しいですね!!



にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

---[PR]---------------------------------------------------

■■■ 毎日競馬が楽しめる!■■■

高額キャリーオーバー発生中の「 モトロト」が購入できるのはオッズパークだけ!!
地方競馬を楽しむならオッズパーク!

簡単登録で地方競馬へ投票






----------------------------------------------------------

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。