すべての競馬はリンクで当たる 「馬番を見て、買う」だけの2ステップ馬...
JRA現役騎手がバラした必勝競馬術 [ 渾一成 ]
一獲千金!日刊コンピ王

天皇賞(春)

ゴールドシップ君、今年は真面目に走ってくれ!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


GWはいかがお過ごしでしょうか?

今日は全国的に良いお天気に恵まれました

天皇賞の行われる京都地方も晴天で絶好の馬場コンディションで

レースが行われそうですね

現地で観戦したかったなぁ



さて、その天皇賞ですが去年とは一変して今年は混戦というオッズが示されています

昔はこの春の天皇賞というのは堅いイメージのあったレースでしたが

近年は非常に波乱の傾向にあるレースに変貌しました

今年も、上位人気馬にはアテにしにくい部分もあり波乱の目もありそうということで

現在のオッズが反映されてるかのように映ります。

人気上位陣のキズナは武豊があくまでもキズナのスタイルは変えないと豪語しています

ということは去年と同様に外から捲くって直線勝負に賭けるのがほぼ確実

この前の止まらない高速馬場で果たして届くのかどうか?

近年、日経賞勝ちや日経賞からの参戦組がこの春の天皇賞で好走していますが

その日経賞の上位組が揃って外枠に配置されてしまいました

残るはG15勝の実績を誇るゴールドシップですが

この馬には真面目に走る様にお願いするしかないというほどの気分屋さんです

こういった中で果たしてどの馬を軸にすればよいのか迷ってしまうのも当然ですね



結論から言えば、私はゴールドシップに期待をしました!

ご存知のようにこの馬は今年で連続3回目の挑戦となります。

一昨年はあまりに人気が被りすぎてか、その重圧に耐え切れず5着に敗退

去年は痛恨の出遅れで、なんとか追い上げるも7着が精一杯

今年は阪神大賞典を勝って宝塚に直行すると思いきや、あえて出走に踏み切ってきました。

須貝調教師といえば、今や一流のトレーナーといっても過言ではないぐらいに実績を上げている人です

そんな氏があえてリスクを承知で出走させてきたところにやはり不気味さを感じずにはいられません。

願い通りなのかどうなのかわかりませんが、今年は最内枠に入りました。

これで横山典と須貝氏の中では1つの結論に達したに違いありません。

「先行させて向こう正面の坂上あたりから一気のロングスパートを狙おう」

この馬が好走できるのはやはりこれしかないんじゃないかと思います。

高速馬場に対応できるかどうかは?が付きますが、持久力という点では

このゴールドシップがメンバー中1番なのは今更ココで述べる必要もないでしょう。

勝つまではともかく、ギリギリ馬券圏内には踏みとどまってくれるものと思っています。

相手にはやはり馬券から外せないキズナ

イン突きが嵌った時のアドマイヤデウス

日経賞で脚を余したサウンズオブアース

インで死んだふりをして直線追い上げてきそうなラストインパクト

もしかしたら長距離の方が向いているのではと思わせるデニムアンドルビー

ココまでとします。

狙っていたラブリーデイはコンピ指数でいえば12位にあたりますので

来たら諦めで公約通り切ります。


さぁ、今年はどんなレースが見られるか?

今からドキドキしますね



スポンサードリンク







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。