すべての競馬はリンクで当たる 「馬番を見て、買う」だけの2ステップ馬...
JRA現役騎手がバラした必勝競馬術 [ 渾一成 ]
一獲千金!日刊コンピ王

宝塚記念

薄れかけてた宝塚記念のトレンドが今年蘇る!?

皆さんこんにちわ三橋です。

6月も終わりに近づき、上半期の総決算でもある宝塚記念を迎えました

気になるのはやはり当日の天気と馬場状態

関西地方も今日明日とかなりの雨量が見込まれています。

このままいくと回復してもやや重までか?

いずれにしろ水分を含んだ力のいる馬場状態で行われるのは間違いないでしょう。


さて、その宝塚記念ですが、昨日枠順の方は確定しました。

もちろん注目されていたのはこのレース3連覇に挑むゴールドシップ

_DSC0957.jpg

『なんか、出来すぎてねぇ〜か??』

と思ったのは私だけじゃないはずです。

3年連続ピンクの帽子、さらに3年連続で8枠の大外から数えて2番目の配置まで同じにするなんて!!

これは偶然にも程がありますよJRAさん

まさにスーパーコンピューターが成せる業じゃないですかこれって!!

それはさておき、この枠順で喜んだのはサイン馬券の人たちでしょう

結論から言いますと、彼らの導き出した答えは『ゴールドシップの3連覇は無い』とのことみたいです

それは何故か?

宝塚記念のテレビCMの中でメインに取り上げられている馬が『タップダンスシチー』だからです。

今回のゴールドシップと同様にこのタップダンスシチーも宝塚記念を3年連続して『8枠』からのスタートでした。

結果は2003年が3着、2004年が優勝、そして3回目の年の2005年が単勝1.9倍という断トツの1番人気に押されながらも結果は7着に敗退してしまったんですね。

まさに今年のゴールドシップに酷似するシチュエーションでもあるわけです。

まぁ、あくまでもサイン馬券派の人たちが言っていることなので程ほど参考までに。



ちなみに私の今年の宝塚記念の予想はどうなのかと言えば?

違った意味で『ゴールドシップの3連覇は無い』と思っています。

元々、この宝塚記念というレースには昔からあるトレンドが潜んでおりました。

過去3年、オルフェーブルにゴールドシップの連覇によりそのトレンドが薄れかけていました。

しかし、今回のゴールドシップの宝塚記念3連覇という誰しもが注目し、誰しもが期待を寄せている今年こそ、そのトレンドが復活するんじゃないかと私は考えています

そのトレンドは何かと言いますと

『G1初制覇』です。

もし、お暇がありましたら宝塚記念の過去成績30年ぐらいを遡って確認してみてください

このレースでG1初制覇をした馬がたくさん出てきますから。

では、今回の宝塚記念でG1初制覇を成し遂げられそうな馬はどの馬か?


◎トーセンスターダム
◎カレンミロティック
◎デニムアンドルビー
◎ディアデラマドレ
◎ラブリーデイ

上記にあげた馬の中からゴールドシップを撃破する馬がいるのではないか?

そう考えています。


スポンサードリンク







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。