すべての競馬はリンクで当たる 「馬番を見て、買う」だけの2ステップ馬...
JRA現役騎手がバラした必勝競馬術 [ 渾一成 ]
一獲千金!日刊コンピ王

天皇賞(春)

横山典弘という男を改めて想う!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


先日の春の天皇賞

まさにゴールドシップ横山典弘劇場でしたね!!

「千両役者」とはこのことを言うんでしょうか。

ゲート入りをゴネたレース前から、レースの中盤

そしてゴール前までずっと私は横山典ゴールドシップに視線を送っていました。

しかし、まさかあんな競馬をするとはね

ほんと、驚きました。

天皇賞ゴールドシップ横山典.jpg

このポーズ、よっぽど嬉しかったんでしょうね

3連覇がかかる次ぎの宝塚記念でまたこのコンビがどんなレースをするのか?

また楽しみが1つ増えたように思います。



横山典弘47歳。

ジョッキー会ではあの武豊の1年先輩にあたる存在です。

ちなみに私は彼のデビュー当初からずっと見続けてきました。

新しい競馬ファンの方はあまりご存知ないかもしれませんが

一時は「G1二着病男」という彼にとっては屈辱ともいえる
レッテルまで貼られてしまったことがありました。

彼がG1レースで2着になった回数はどれぐらいだと思います?

なんとその数は地方競馬のG1含め47回ですよ!!

これは半端ない数字だと思います

勝てそうな馬に乗せてもらっているにも関わらず勝てない

そんな日々が相当長く続いたこともありました

そして、いつも彼の先にいたのが後輩にあたる武豊です。

それに外人ジョッキーたちの大活躍。

「産まれた時代が悪かった」と彼は何度も思ったに違いありません。

辛かったでしょう、すごく苦しかったと思います

こんな事は表には出ていませんが、もしかしたら自殺まで考えたかもしれません。

でも、彼は腐りませんでした。

その暗くて長いトンネルからようやく抜け出てきたと思うのが今から約6年前ぐらい

彼の運勢が一転しました。

カンパニーやロジユニヴァースとの出会いが彼を明るい方へと導いてくれました。

それからというのは万年2着病もどこ吹く風。

良い馬にも乗せてもらえるようにもなり、普通にG1レースもどんどん勝てるようになってきました。

そして、今の横山典弘というのがあるわけです。



人間、持って産まれた運命や宿命はなかなか変えることができないとはよく言われます

そして、人生って良い時もあれば悪い時もある

その悪い時に人はどういう風に過ごすのか?

横山典弘が教えてくれてるように思います。



さて、今週からG1の舞台は府中に移り5週続けて行われます。

その開幕を飾るのがNHKマイルC。

横山典弘はクラリティスカイに騎乗予定

人気は4〜5番人気ぐらいかな?

もしかしたら、また大胆な競馬をしてあっと言わせるかもしれませんね



スポンサードリンク






| 東京 ☁ | 天皇賞(春)

天皇賞(春)

ゴールドシップ君、今年は真面目に走ってくれ!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


GWはいかがお過ごしでしょうか?

今日は全国的に良いお天気に恵まれました

天皇賞の行われる京都地方も晴天で絶好の馬場コンディションで

レースが行われそうですね

現地で観戦したかったなぁ



さて、その天皇賞ですが去年とは一変して今年は混戦というオッズが示されています

昔はこの春の天皇賞というのは堅いイメージのあったレースでしたが

近年は非常に波乱の傾向にあるレースに変貌しました

今年も、上位人気馬にはアテにしにくい部分もあり波乱の目もありそうということで

現在のオッズが反映されてるかのように映ります。

人気上位陣のキズナは武豊があくまでもキズナのスタイルは変えないと豪語しています

ということは去年と同様に外から捲くって直線勝負に賭けるのがほぼ確実

この前の止まらない高速馬場で果たして届くのかどうか?

近年、日経賞勝ちや日経賞からの参戦組がこの春の天皇賞で好走していますが

その日経賞の上位組が揃って外枠に配置されてしまいました

残るはG15勝の実績を誇るゴールドシップですが

この馬には真面目に走る様にお願いするしかないというほどの気分屋さんです

こういった中で果たしてどの馬を軸にすればよいのか迷ってしまうのも当然ですね



結論から言えば、私はゴールドシップに期待をしました!

ご存知のようにこの馬は今年で連続3回目の挑戦となります。

一昨年はあまりに人気が被りすぎてか、その重圧に耐え切れず5着に敗退

去年は痛恨の出遅れで、なんとか追い上げるも7着が精一杯

今年は阪神大賞典を勝って宝塚に直行すると思いきや、あえて出走に踏み切ってきました。

須貝調教師といえば、今や一流のトレーナーといっても過言ではないぐらいに実績を上げている人です

そんな氏があえてリスクを承知で出走させてきたところにやはり不気味さを感じずにはいられません。

願い通りなのかどうなのかわかりませんが、今年は最内枠に入りました。

これで横山典と須貝氏の中では1つの結論に達したに違いありません。

「先行させて向こう正面の坂上あたりから一気のロングスパートを狙おう」

この馬が好走できるのはやはりこれしかないんじゃないかと思います。

高速馬場に対応できるかどうかは?が付きますが、持久力という点では

このゴールドシップがメンバー中1番なのは今更ココで述べる必要もないでしょう。

勝つまではともかく、ギリギリ馬券圏内には踏みとどまってくれるものと思っています。

相手にはやはり馬券から外せないキズナ

イン突きが嵌った時のアドマイヤデウス

日経賞で脚を余したサウンズオブアース

インで死んだふりをして直線追い上げてきそうなラストインパクト

もしかしたら長距離の方が向いているのではと思わせるデニムアンドルビー

ココまでとします。

狙っていたラブリーデイはコンピ指数でいえば12位にあたりますので

来たら諦めで公約通り切ります。


さぁ、今年はどんなレースが見られるか?

今からドキドキしますね



スポンサードリンク






| 東京 ☀ | 天皇賞(春)

天皇賞(春)

フルゲートの時は何かが起こる春の天皇賞!!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


早い人ではすでにGWを取ってる方もいるのかな?

でも、中小企業の社長さんなんかとよく話しをしてると

「いや〜、とんでもないよ、そんなのは一部の大企業だけじゃないの?

そんなたくさん休みを取られたらウチなんか会社潰れちまうよ!」

っていうお声が多いですね(笑)

まぁ、確かにごもっともというところでしょうか。

今年のGWは日並びが良いの色々と楽しめそうですね。

あなたは今年のGWはどういう過ごし方をしますか?



さて、競馬の方は今週からG1シーズンに突入します

6月の安田記念まで6週間連続のG1の開催

競馬ファンとしてはほんとウキウキする時期でもありますね

何より馬券で当ててお金の払い戻しを受ければ尚更テンションも上がる!

まずはその初っ端の春の天皇賞で勝てるように頑張っていきましょう


その春の天皇賞ですが、現在登録数は18頭

このまま無事に行けばギリギリでフルゲートを確保です

でもこのレースはフルゲートの時って何かが起こる!?

今年はどんなドラマが展開されるのか?

まだ枠順も決まってないのにそんなことばかり考えてます

去年の形相とは反対に今年は混戦模様

人気は去年の雪辱を晴らしたいキズナに出走に踏み切ったゴールドシップ

史上初の3連覇を狙うフェノーメノ、連勝中の上がり馬アドマイヤデウス

この4頭あたりがまずは人気をもらうでしょう

以下、ウインバリアシオン、サウンズオブアース、ラブリーデイ、ラストインパクトみたいな

人気の順に落ち着くのではないでしょうか?

そして指標ともなるべきコンピ指数から傾向を探ってみると

やはりフルゲートの時は指数10位以降の馬がよく絡んでいます

ただ、その傾向を見てみるとちょっと面白いことが!!

平成10年から1年おきに指数11位以降の馬が絡んでいるのがわかります

順番でいけば今年は1着、2着、3着が指数10位以内で収まるように思います。

まぁ、あくまでも傾向ですから絶対とは言い切れませんがね。

ただ、そういう風に決め打ちをしていくのも時としては大事になってきます。

私は今年の春の天皇賞に関しては指数11位以降の馬は完全無視

来たら諦めというスタンスで挑むつもりでおります。

現時点で気になる穴馬をココで言っておくと



※ラブリーデイ
※サウンズオブアース
※スズカデヴィアス




この3頭がとても臭いですね

とくにラブリーデイなどはプンプン匂いますよ(笑)

血統から言ってもこの馬にはステイヤーの血が流れてますからね

前走の阪神大賞典の敗戦だけでは見限れません。

そして鞍上には京都の芝コースが得意なルメールですよ

人気の盲点になってくれれば絶好の狙い目だと思っています

枠順確定まであと2日

待ち遠しいですね。



スポンサードリンク






| 東京 ☀ | 天皇賞(春)

天皇賞(春)

日本中を衝撃の渦に巻き込んだキズナショック!!

皆さんこんばんわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


昨日、日本中に衝撃が走りました!


「キズナが骨折リタイヤ、宝塚は絶望、凱旋門賞も白紙に!!」


競馬をやってる方ならとっくに御承知だと思います。

天皇賞でキズナから馬券を買っていた人もショックでしょうし、キズナファンにとっても本当にショックでしょう

そして、何よりも楽しみにしていた凱旋門賞でのキズナの走りも、また来年以降にお預けとなってしまいました

まぁ、高速馬場が原因だとか、なんで天皇賞に出走させたんだとか、色々周囲は騒がしいですが、運が悪かったとしか言えませんね

とにかく今は復活を待ち望むのみです。

1番ショックだったのはそのキズナの手綱を取っていた武豊自身でしょう

彼のことだからきっと再起してきたキズナと共に、また華麗な復活劇を見せてくれるはずです

なんだかんだ言っても、まだまだ競馬界の第一陣者ですからね。

今週のNHKマイルでも有力馬のサトノルパンの手綱を任されて、どんな競馬を見せてくれるのか楽しみです



ところで、そんな「武豊」の本が今話題になっています。

あの天才武豊の「苦難の日々」の真実!

有名馬主との確執から悪夢の落馬事故、そしてどん底のスランプまで。

天才は何を悩み、何を「決断」したのか?

逆境から這い上がるまでの「心の軌跡」!

「逆境に負けない」天才が明かした復活までの「葛藤」「苦悩」「心の声」がすべてわかる一冊となっています。

これは単なる馬券本ではありません。

武豊が好き、武豊のファンなら尚面白い一冊だと思います。

本の値段も良心的ですし、一度手に取って読まれてみてはいかがですか?





スポンサードリンク






| 東京 ☀ | 天皇賞(春)

天皇賞(春)

やはり波乱が起きたフルゲートの天皇賞、田辺の勢いにも脱帽!!

皆さんこんばんわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


GWも残り1日となってしまいましたね。

あなたのGWはいかがだったですか?

競馬も含めて楽しめましたか?



春の天皇賞、フルゲートの時は必ず何か波乱が起きる!

これはメルマガの方でも書きました

どういった波乱が起きるんだろうと思いきや、結果1番人気、2番人気のキズナ、ゴールドシップが見事なまでに馬券から外れてしまいました!!

キズナに関しては当初からこの春の天皇賞に出走を表明した時点から??がついていました。

なんでココに出る意味があるんだろうか?って。

結果は思ったほど伸びきれなくて4着。

ただ、ゴールドシップが出遅れるなんて想像も出来ませんでしたが、この2頭はちょっと危ないんじゃないか?というところまでは予想が出来ました。

しかし、3着のホッコーヴレーブの激走にはさすがに参りましたね

まったくのノーマークでした。

う〜ん、これも競馬だから仕方ない

ホッコーヴレーブの田辺君、今年は初っ端のフェブラリーSを勝って念願のG1タイトルを手中に収めました。

そして、昨日の勢いをそのまま船橋の方へ持っていき、今日の交流G1のかしわ記念もコパノリッキーで制しました。

彼はココ1〜2年で一皮も二皮も向けた感じがしますね。

ココまで上昇してくると、彼にはこれからどんどん良い波がやって来るでしょう。

一流厩舎や一流馬主の方からもどんどん声が掛かるようになり、良い馬にもめぐり合えるようにもなるでしょうね。

彼がこれからどこまで成長していくのか、一競馬ファンとしても期待を寄せて見守りたいと思います。


スポンサードリンク






| 東京 ☁ | 天皇賞(春)

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。