すべての競馬はリンクで当たる 「馬番を見て、買う」だけの2ステップ馬...
JRA現役騎手がバラした必勝競馬術 [ 渾一成 ]
一獲千金!日刊コンピ王

騎手

勝てない、追えない、絶不調の岩田康成が復活するのはいつ?

皆さんこんにちわ三橋です。

3連休の最終日いかがお過ごしでしょうか?

桜が咲くのももう間近ですね

来週の後半ぐらいになれば、あちこちで「お花見」の宴が盛んになるでしょう

競馬の方も桜花賞、皐月賞といったクラシックへ向けてのトライアルレースが佳境に入ってきました

その両レースではどの馬が好走するのかというのは、だいぶ固まってきたようにも思えます。

まぁ、今年のクラシックも当然ながら外人ジョッキーが主役になることは間違いありません。


その絶好調の外人ジョッキーたちの影に隠れて存在がめっきり薄くなってしまった一人のジョッキーがいます

もうおわかりですね、そうです、その騎手というのは「岩田康成」です

PN2013060201001818.-.-.CI0003.jpg

すでにネット上では「いったいどうしたんだ岩田?」、「岩田はなんで勝てなくなったんだ?」「岩田の不調の原因はなんだ?」と様々な心配する声が上がっています。

去年はレッツゴードンキで桜花賞を勝ち、夏競馬では毎週のように重賞で勝ちまくっていた彼でした。

その反動というものなのか、秋後半からは重賞でもめっきりと勝てなくなる姿を何度も見ました。

そして今年に入ってからの彼は一層影が薄くなり、今では「岩田から馬券を買うのは怖いよな!」という声まであがる始末になってしまっています。

果たして今の彼の不調の原因とはいったい何なのか?

どうも、今の彼を見ていると騎乗に対しての「自信の無さ」というのが伺えます

そして、彼らしいインを突く強引な騎乗というのも見れなくなりました

確かに、今までの彼の強引な騎乗のために不利を被った騎手が何人もいるのも事実です

他界してしまった後藤もその一人だと思います。

その辺をあまりにも考えすぎてしまっているために、腕が縮んでしまっているというのも一つの原因ではなかろうかと思います。

名手と言われた岩田康成が不調という荒波に揉まれているのは事実です。

一旦、バイオリズムが狂いだすと立て直しにはやはり時間がかかるでしょう

ですが、あれだけ功績をあげてきた名手には変わりありません。

必ずまた活躍してくれるものと信じています

以前、このブログでこんな記事を書いたことがありました。

http://eshisuu.seesaa.net/article/389832885.html?1458531858



そして、その約3ヶ月後にこのような出来事がありました。

http://eshisuu.seesaa.net/article/397544386.html?1458531947



時としてジョッキーによく起こる好、不調の波

名手岩田康成の復活を心待ちにしたいと願っています




[楽天・PR]
春夏秋冬の味覚をおトクにGET!
半額以下も満載!!
食べる、泊まる、癒すなら「買うクーポン」
イチオシクーポンを今すぐチェック!

にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ
| 東京 ☁ | 騎手

騎手

超大穴の立役者は穴男の江田照男だった!!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。

まず、競馬とは関係無い話ですが

話題の大阪都構想問題は反対多数により実現しないことになりました。

よって当初から、否決なら政界を引退すると表明していた橋下さんも

潔く会見で、12月の任期満了で政界を引退する考えを表明したわけなんですが・・・

まぁ、私は大阪の事はよくわかりませんし

この問題に関しては意見が真っ二つに別れるんでしょうが

個人的には橋下さんが負けちゃったのが残念ですね

人間的には熱く、本音で話してくれるのが好きでした。

真剣に政治を考えている姿はとても印象的でしたし

そんな彼が政界から退くというのも残念でなりません。

そして、こういう人こそ今の大阪には必要な人間じゃないかとも思うのですが

これから大阪という所はどういう風に変わっていくのでしょうかね?


競馬の話に戻しますと

ほんと、びっくりしましたね!

ピンクカメオのNHKマイル、ブラックエンブレムの秋華賞も驚きましたが

昨日はそれ以上でした。

荒れるという予感はしていましたが、とんでもない荒れ方でしたね。

最近は影を潜めていましたが、久しぶりに穴男の江田照男が健在ぶりをアピールした一戦でした。

20120324-eda-teruo-cat-punch.jpg

まだ馬連しかない時代に日経賞で大万馬券を演出したテンジンショウグン

16頭立て16番人気でスプリンターズSを逃げ切ったダイタクヤマト

ブービー人気でこれも万馬券の片棒を担いだ有馬記念のアメリカンボス

それぞれ、やられた〜という苦い思い出がありますが

いずれも中途半端な人気の時ではなく

まったくと言っていいほど人気が無い時に彼は大穴を開けるんですね

ほんと、不思議なジョッキーです。

天災と同じで、忘れた頃に穴を開けますので頭に入れておいた方がいいですよ



このブログで指摘していましたが、案の定ヌーヴォレコルトは沈みましたね

この馬は一流馬でもなく、二流馬でもない

まだ中途半端な1.5流馬なんですよ

相手が強い時はど高いパフォーマンスを上げ

相手が自分よりも弱い時はどことなくモロさを露呈してしまう

有馬記念であのディーピインパクトを破り、ドバイシーマクラシックで逃げ切った

父ハーツクライもやはりそうでした

馬も人間も血というものは受け継がれるんですね

ヌーヴォレコルトの次走は宝塚記念らしいですが、今度は逆に相手が強くなりますから

今回のヴィクトリアマイルよりは走ると思います。

もしかしたらゴールドシップを破っちゃったりしてね



スポンサードリンク






| 東京 ☁ | 騎手

騎手

負けるなゴッティー、1日も早い復帰を祈ってるぞ!!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。

すでにGWに突入していますが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

早速ですが、先日の日曜日の東京競馬で不幸な事故が再び起きてしまいました。

またもや後藤騎手が岩田騎手と接触を起こし落馬転倒、病院に担ぎ込まれた後藤騎手はまたも頚椎を骨折という、なんとも不運な目に遭遇してしまいました

その衝撃のシーンはまさに2年前のあのNHKマイルの時の悪夢が繰り返されたかのようでした

これに関しては様々な意見もあるでしょうが、一瞬の判断が勝負を決するレース中での事故。

安易にどちらが悪いとは必ずしも言い切れず、不幸な連鎖が起きてしまったとしかいいようがありません。

同じ年のこの二人、余程相性というものが悪いんでしょうかね?

これから後藤騎手はまたもや長い闘病生活に入ると思われますが、一刻も早い復帰を祈るばかりです。



さぁ、競馬ファンには待望の6週連続のG1シーズンに突入しました。

初っ端を飾るのは長距離のナンバーワンを決める春の天皇賞

大阪杯を快勝したキズナと阪神大賞典で復活を遂げたゴールドシップ、同じく日経賞で久々の重賞制覇を果たしたウインバリアシオンに去年の覇者のフェノーメノと役者が揃いました。

3000M以上の重賞では今だディープインパクト産駒の勝ち星が無いという不吉なジンクスに果たしてキズナがどう挑むのか?

今の京都の高速馬場が懸念されているゴールドシップは、去年断然の1番人気で敗退した雪辱を晴らせるのか?

この2頭とも見据える先は世界最高峰のレースでもある秋の凱旋門賞でもあります。

色んな意味で興味の尽きない天皇賞になりそうです

もちろんこの先のG1にも備えて馬券はしっかりと的中させておきたいところですね



にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

---[PR]---------------------------------------------------

■■■ 毎日競馬が楽しめる!■■■

高額キャリーオーバー発生中の「 モトロト」が購入できるのはオッズパークだけ!!
地方競馬を楽しむならオッズパーク!

簡単登録で地方競馬へ投票






----------------------------------------------------------
| 東京 ☀ | 騎手

騎手

真冬の珍記録達成者と春が遠のいている感じがする名手の行方は!?

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


今月の雪はほんと凄かった!

その雪もようやく落ち着いてきましたが、関東では稀にみる大きな被害となって今も続いています。

特に農業への被害が続いていて、さらにまだ孤立されている方々がいるとのこと。

被害に遭われた方、重ね重ねお見舞い申し上げます。。

何十年に一度の大雪のために順延、順延、順延が重なった東京競馬。

長年競馬をやってますが、これだけ重賞レースが順延になったなんてことはもちろん初めての体験でした。

しかし面白いことにたまたま順延になったこの三つの重賞(東京新聞杯、クイーンC、共同通信杯)を同一人物が制するなんて誰が予測できたでしょうか?

その珍記録を作ったのが関東の名手蛯名ジョッキーでした。

201209152259484d6.jpg

クイーンCのフォーエバーモア、共同通信杯のイスラボニータは共に堂々の1番人気での勝利でしたが、圧巻だったのは東京新聞杯のホエールキャプチャです。

来月ドバイを目指す女王ジェンティドンナが56キロでも好走するだろうと思いきや馬券にもならない無様な負け方をして、57キロで牡馬相手にさすがにココではキツイだろうと思わせた当のホエールキャプチャが勝ってしまうんだから競馬とはわからないものです。

今年は蛯名騎手、良い馬に恵まれましたね。

どの馬もG1を狙える器ですし、イスラボニータで悲願のダービー制覇はちょっと難しいかもしれませんが、NHKマイルCに出走してくれば優勝候補の筆頭でしょう。




そのノリに乗っている蛯名騎手とは正反対に、同じ関東の名手でも「迷走」を続けているのが内田騎手こと通称ウチパクです。

20130203222141d72.jpg

おそらくウチパクのことは皆さんの中でも最近は会話によく出てくるんじゃないですか

「もうウチパクは人気でも買えねぇよな〜怖くてさ〜」なんて酒の席でもこんな話をよく耳にしますよ

確かにそのウチパクは平場や特別戦ぐらいまでなら信用して買えますが、こと重賞やそれもG1で人気になってると怖くて買えないというのがあるというのが本音です。

それも、これも全ては期待されまくった去年のゴールドシップとデニムアンドルビーの2頭で結果を出せず、降ろされたのが原因というか発端になっています。

それ以前はもちろん彼にイイ馬がどんどん集まっていましたが、さすがに最近は厩舎サイドの方でもウチパクに大事な馬は任せられないという風潮が漂っているようにも感じます

ウチパクとて人間だし、そりゃ萎えることもあるでしょう

また一から出直しって感じにはなってしまいましたが、実力はありますのでこのまま終わるような騎手じゃ決してないと思います。

必ずまた這い上がってくるはずです。

昔、アンカツも今のウチパクと同じような状況に陥ったことがありました。

重賞で、G1で人気の馬に乗ったにも拘わらず勝てない日々が続きました。

これで落ちぶれてしまう騎手じゃないと思ってみていたら、忘れたころに13番人気のスズカマンボで天皇賞を勝ちました。

さすがはアンカツ、あの時は意地の勝利を見せつけてくれました。

ですのでこれはこの場で断言しておきましょう。

おそらくウチパクもどこかの重賞やもしくはG1で、全然人気薄で大穴を開ける日があると思います。

覚えてますか?

あのNHKマイルのピンクカメオのように。



スポンサードリンク






| 東京 ☀ | 騎手

騎手

この子、甘ちゃん!?

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。

今日は天気予報が当たりましたね!

今、東京はかなり雪が降っています

昨日は日中も夜も凄く暖かくて蒸しばむ陽気だったんですが、今日はまるっきり正反対。

これじゃ風邪引く人間も多くなるはずだわ。

気をつけて下さいね。



今日は、先日の日曜日に体重の調整失敗からJRAに制裁を加えられ、30日間の騎乗停止になった見習いの原田敬伍騎手へ一言いいたいです。

まず、原田敬伍騎手って18歳のこんな可愛い子ですよ

a0475bfb.jpg

この問題に関しては先週の川田騎手の騎乗停止の件とは訳が違い、フェイスブックやツイッター上ではやはり批判の声が多かったです。

それもそのはず、彼にしてみればこれで30日間の騎乗停止を喰らうのは2度目ですからね、当たり前といえば当たり前でしょう。

しかし、私からも言わせてもらえば、幾ら見習いとはいえ彼にはジョッキーとしての「プロ意識」がまるで欠如してるように思います。

そして、ハングリー精神の欠片も感じられません。

競馬を見てる皆さんだってご存知のように、それこそ成績を上げているベテランの騎手でさえも明日は我が身、ウカウカしてられない昨今ですよ。

ちょっとでも騎乗ミスをすればすぐに外国人ジョッキーへ乗り変わりになる。

もう、昔のように調教師や馬主が我慢をして騎手を育ててくれるようなそんな時代はとっくに終わってしまったのです

そんなことも気づかないで彼も騎手をやっているとは到底思えません。

今、短期免許を取得して日本に来日してるあのCデムーロとはたったの3歳しか年令は違わないのです。

兄がいるとはいえ、少しでも銭を稼げる日本に単身でやってきて、これだけの成績を収めているのですよ、ハングリー精神がまるで違う。

できることなら彼の爪の垢でも煎じて飲ましてあげたいところです。

騎手を続ける気持ちがあるのなら、これからは本当に心を入れ替えて厳しい騎手道に精進してもらいたいと思いますね。

苦労して育ててもらった母親に心配ばかりかけさせるんじゃないぞ





にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

---[PR]---------------------------------------------------

■■■ 地方競馬全場に対応!■■■

【楽天競馬】が【楽天銀行(旧イーバンク銀行)】でご利用可能に!





----------------------------------------------------------
| 東京 ☁ | 騎手

騎手

川田よ、怒りを爆発して今年はクラシックをもぎ取れ!!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


早速ですが、貴方は今年のダービー馬は何だと思いますか?

「俺はトーセンスターダムだと思う、いや、トゥザワールドだろう、もしかして役者不足だけどバンドワゴンもあり得るんじゃねぇか?」

「京成杯を勝ったプレイアンドリアルではちょっとキツイんじゃないかの?

いつものように岡田さんのところの馬はイイ線は行くけど、ダービー馬のオーナーにはなれないよ・・

京成杯組にはダービー馬になるような器はいないだろう・・・」

等など、先日仲間内で飲みに行った時に出た会話です。

毎年、多少早いけどこれぐらいの時期にこういう話題を摘みに酒を飲むのも楽しみの一つでもあります。

現段階ではまだ何とも言えず、せめて2月に入ってからのきさらぎ賞や共同通信杯の結果である程度わかってくるのではないですかね。

私個人的には先週の土曜日に行われた若駒Sを勝って3連勝したトゥザワールドが皐月賞かダービーを獲るんじゃないかとは思っています。

若駒ステークスといえばあのディープインパクトが強烈な衝撃を与えてクラシックへのステップとして使ったレース、さすがにディープほどの派手さはありませんでしたが、ゴール手前では手綱を緩める余裕ある勝ち方をしていました。

順調にいけばこの馬はまだこれからグングン強くなるのではという感想を抱きましたね。



その鞍上の川田ですが、昨日のニュースで知りましたが、日曜日の京都の第3競争でレースで勝ったにも関わらず注意義務を怠り2日間の騎乗停止処分を受けたみたいです。

私は、えっ、って思いましたよ!!!

何で勝ったのに騎乗停止になるの?

JRAの裁決委員も何を考えてんの??

ツイッターのタイムライン上ではその件に関して賛否両論ありましたが、私と同じく川田に同情する声が圧倒的に多かったです。

ゴール前約100メートルから追う動作をやめて、2着馬に半馬身差まで詰め寄られたことが原因らしいですが、川田にしてみれば勝てると確信したからこそこれ以上馬に負担をかけまいとして取った措置だとは思います。

何故それがいけないのか?

判断基準がまったくわかりません。

せっかく川田は日曜日の手綱さばきが絶好調で1日に5勝挙げたのに、彼としてはなんとも後味の悪い結果になったと思います。


川田よ、この怒りは10倍返しだ!!




にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

---[PR]---------------------------------------------------

■■■ 無料で使える競馬データベース! ■■■

予想から馬券購入まで、あなたの競馬をフルサポート!
【無料】競馬に必須の予想ツール【KLAN.jp】





----------------------------------------------------------
| 東京 ☀ | 騎手

騎手

朝日杯FS、凱旋門賞を勝つまではぜひ現役で頑張って欲しい武豊!!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


まずは、G1レース100勝を達成した武豊には心より祝福の言葉を贈りたいですね。

自分の競馬人生もこの人と共に歩んできたと言っても過言ではないぐらいに、そりゃ〜色々馬券でもお世話になりました。

ただ、馬券の当たり外れだけではなく、数々の感動をも与えてくれました。

まだ枠連しかなかった時代にオグリキャップがいた4枠からアルバイトで稼いだ金をつぎ込んで歓喜に浸った有馬記念。

悪天候で小雨が降りしきる雨の東京競馬場、ゴール板前で馬券を握り締めながら天国から地獄へ突き落とされた天皇賞でのメジロマックイーンの降着劇。

ハラハラ、ドキドキさせられながらもいつも感動を与えてくれたディープインパクト。

彼が初めてG1を勝った菊花賞でのスーパークリークから、昨日のトーセンラーまで自分の心の中の彼に対する思い出もまさにてんこ盛りです。

彼の全盛期から比べると騎乗機会は確実に減っているものの、ココ大一番で結果を出すところはさすがに凄いと思いますよ

ぜひ、まだ残っている朝日杯FSと、凱旋門賞を勝つまでは頑張って現役を続けて欲しいと思っています。



さぁ、今週は競馬のお祭りでもあるジャパンCです。

この秋のG1は混戦と言われたレースが多いものの配当は割と堅く収まっています。

今回のジャパンCの登録メンバーを見渡してもコレといって話題になる外国馬の参加もなく、またしても日本馬の勝利が濃厚な気配がしています。

中でも今回はどうしてもクラブのために勝たせたいという強い想い?が働いたのか、トップジョッキーの岩田まで降ろして勝ちにこだわるジェンティルドンナが去年に続く連覇を果たすかどうかが注目されるところでもあります。

もしかしたら今年のジャパンCは掲示板にはほぼ日本の馬が占めるでしょうが、上位入線の馬のジョッキーが全て外国人で埋め尽くされるのではないかと、そんな予感もしています。



にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

---[PR]---------------------------------------------------

■■■ 無料で使える競馬データベース! ■■■

予想から馬券購入まで、あなたの競馬をフルサポート!
【無料】競馬に必須の予想ツール【KLAN.jp】





----------------------------------------------------------
| 東京 ☀ | 騎手

騎手

福永の勢いが止まらないのは納得できるけど、食品偽装の勢いが止まらないのは大問題だ!!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。

先日、当ブログにおいても今問題になってるホテル関係での食品偽装問題のことを文句を言ったばかりですが、やはり指摘通りあれは氷山の一角でした。

次から次へとホテルでも問題が発覚して世間を騒がしている中、今度は高島屋だの大丸だのという大手の一流デパートまでもが店内のレストランや総菜店などで実際の表記と違う食材を最長9年半にも渡って使っていたらしじゃないですか!!!

こりゃ〜とんでもない消費者に対しての裏切り行為、言い方変えれば「詐欺」ですわ。

返金すりゃ〜いいってもんじゃないだろ。

今日の会見で取締役連中が頭を下げていましたが、いい加減あういうのを見るのもウンザリですね。

いったい「ブランド」っていうのは何なの?

信頼っていうのは何なんだ!?

ここまでくると、そんなものあって無いような物と思ってしまう。

この問題は、「まだまだ続くよ、どこまでも・・・」という感じですわな。



今週からまた暮れの有馬記念まで競馬ファン待望のG1ウイークが続きます。

先週も話したように福永祐一の勢いが止まりません。

今週のエリザベス女王杯では何に乗るのかなと思ってみたらアロマティコではなくて「ミッドサマーフェア」なんですね。

う〜ん、人気はケツから数えた方が早そうな感じだなぁ〜?

メイショウマンボの武幸四郎がまたG1を勝っちゃう??

それは幾らなんでもないだろう・・・

地球がひっくり返っちゃうよ

今度は京都の外周りコース、デニムアンドルビーが今度こそ豪脚を魅せてくれるだろう




にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

---[PR]---------------------------------------------------

■■■ No.1競馬SNSサイト『ウマニティ』■■■

サンスポ&ニッポン放送公認!
今や競馬予想もロボットの時代!

ウマニティが誇る高性能競馬予想ソフト『スゴウマROBOT Z(ゼット)』





----------------------------------------------------------
| 東京 ☀ | 騎手

騎手

絶縁状態の社台やアドマイヤに見せつけた武豊トウケイヘイローの逃走劇!?

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。

お盆休みなんていうのもあっという間に終わっちゃいましたね!!

そのお盆中に行われた秋を占う重要な一戦が函館で行われた札幌記念だったんですが。。。


配当を見てビックリ!

えっ、嘘だろう、たったこんだけしかつかないの??

こう思われた方も多いんじゃないでしょうか。

1着になったトウケイヘイローはまだしも、2着には8番人気のアスカクリチャン、3着には14番人気のアンコイルドが入ったにもかかわらず3連単の配当がたったの718倍ですよ!!

目を疑いましたね!!

「3連複」で718倍という配当だったらまだわかります、しかし、3連単がこの配当じゃ当たったけどガックリきた方が多いんじゃないですか!?

運良くというか、幸運にもというか、私は当たってないんで助かりましたよ

もし3連単で当たっていたとしたらやけ酒呑んで暴れてましたね(笑)


これが夏競馬なんですね!!


それはそうと、今年に入ってからの武豊は手がつけられないほどの絶好調ぶりですね。

「どうだ、見たか、あんたらの馬じゃなくたって俺はこんだけ勝てるんだよ」と絶縁状態の社台やアドマイヤに見せつけた目を見張るほどのトウケイヘイローの逃走劇でした!!

このトウケイヘイローは距離を延長してからまるで別馬のように生まれ変わりましたね、余程、武豊との相性もいいんでしょう。

今後は秋の王道を歩んで行くんでしょうが、「逃げ」というスタイルが完全に出来上がった今、秋の府中で場内をざわめかすのが今から目に浮かびます!!

故障だけにはくれぐれも気をつけてもらいたいもんですね

あのサイレンススズカみたいに。。。




| 東京 ☁ | 騎手

騎手

ミルコ・デムーロに続けとばかりに外国からの波が押し寄せるのも時間の問題かも!?

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。

もしかしたら今、お盆休みで実家などへ帰省していたり、またはどこかへ旅行などへ出掛けられていて、猛暑の中、クーラーをかけながら寛いでいる方も多いと思います。

大変な猛暑が続いているので、とにかく熱中症には気をつけてくださいね。


そんな中ニュースを見ていて思ったのですが、気象庁や厚生労働省が熱中症予防で「冷房の適切な利用」を呼びかけていました。

「冷房症」という言葉があるくらいなので、気象庁や厚生労働省がこんなことを言うのかと思ったのですが、そうもいってられないほどの猛暑ということかもしれませんね。

節電も大事ですが、気にしすぎて体を壊してしまっては本末転倒なので、こまめな水分補給と塩分を摂るのを基本としつつも、適度に冷房も利用して熱中症を未然に防いで下さい。



先週、JRAは正式に14年度の調教師・騎手免許試験要項を発表しました。

ご存知の方も多いと思いますが、簡単に言えば外国人騎手や外国人調教師が日本でもっと活躍できるような制度に緩和されたようです。

今まで外人騎手というのは「短期免許」でしか日本での騎乗機会が認められなかったのですが、今後試験に合格して免許を取れば通年を通して日本で騎乗できるようになるわけです。

待ってましたとばかりに早速あのミルコ・デムーロが手を上げたようです。

日本語での口頭試験等があり、さすがにハードルは少々高いみたいですが、日本への思い入れが強い彼なら恐らく免許を取得して、来年以降は年間を通して日本の騎手として活躍するのではないでしょうか!?

今から約12年前ぐらいに、あのアンカツが地方競馬出身者として初めてJRAの騎手として風穴を開けたように、今後はデムーロに続けとばかりにどんどん各国の外人騎手がこの免許を取得しようとチャレンジしてくるのではないかと思います。

これがいいか悪いかは賛否両論があると思いますが、月日が流れたらいつのまにか今の日本相撲協会みたいに、周りを見渡せば外人ばかりになっていたなんて時代が来るのも時間の問題のようにも思います。

そうなると必然的に自分の騎乗機会が減らされるという日本人騎手の死活問題というのが必ず出てくるのが今から目に浮かびます。

現在もそうですが、今後も日本人騎手たちは本当にウカウカしていられないんじゃないかと思いますよ。


さて、今週は豪華メンバーが揃った札幌記念が行われます。

G1ホースが5頭も参戦と、まるでG1レースのような揃い踏み。

真夏の熱き戦いが今から待ち遠しいですね!!



にほんブログ村 競馬ブログ 指数理論へ
にほんブログ村


競馬 ブログランキングへ

---[PR]---------------------------------------------------

■■■ 毎日競馬が楽しめる!■■■

高額キャリーオーバー発生中の「 モトロト」が購入できるのはオッズパークだけ!!
地方競馬を楽しむならオッズパーク!

簡単登録で地方競馬へ投票






----------------------------------------------------------
| 東京 🌁 | 騎手

騎手

横山典=藤沢和雄の両者は元々相性が良くないんじゃない!?

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


今日は競馬予想とはちょっと異なる話を!

つい最近というか、ダービーという大レースを前にして頓挫してしまった横山典=藤沢和雄の両者の関係。

事の発端というか、深い真相というのは我々ファンにはわかりかねるところですが、いずれにしろ横山典=藤沢和雄の関係が絶縁になったというのは間違いないところみたいですね。

それに伴ってダービーで有力候補であったコディーノは急遽ウイリアムズに乗り代わり、藤沢厩舎の出走予定の馬のところからも横山典という名前が一切消えてしまいました。


な〜んかこういうことが以前にもあったようなないような、いや、あったんですよね。

そして、横山典だけでなく藤沢厩舎にG1勝ちをたくさんもたらしたあのペリエもそうだったですよね。

そのペリエは一説の噂によれば、ペリエは酒好き、女好き、とにかく遊び好きでよく朝の調教に遅刻をしてきていて、厳格な藤沢和雄氏の堪忍袋の緒が切れてしまいそれ以来絶縁したという話を聞いたことがあります。


まぁ、今回はそういう理由ではないにしても両者の信頼関係は終わってしまったようにも感じますね。


でも、考えてみれば元々横山典=藤沢和雄の両者の相性というのはそんなに良いとは思えませんでした。

当初の藤沢厩舎の主戦ジョッキーであった岡部幸雄が引退してから横山典は準主戦的な感じで藤沢厩舎の有力馬や良血馬と言われた馬に跨ってきましたが、横山典が藤沢厩舎の馬でG1を獲ったのはシンボリインディとスティンガー、そして岡部の代打で騎乗したマイルCSのタイキシャトルぐらいしかないんですよ。

後はゼンノロブロイやペルーサを始め、ことごとくG1では負けていたのが記憶にありますね。


これってやはり相性の問題というのが一番強いんではないでしょうかね!?


確かにファンとしては横山典=藤沢和雄でダービー制覇!というのを夢みていたとは思いますが、現実はそう甘くないといったとこでしょうか。


「コディーノでダービー頑張ります!」とファンの前で公言していた当の横山典はダービーでの騎乗馬は今のところ無し。


その鬱憤をもしかしたら今週のオークスで爆発させるかもしれませんね!?



スポンサードリンク






| 東京 ☀ | 騎手

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。