すべての競馬はリンクで当たる 「馬番を見て、買う」だけの2ステップ馬...
JRA現役騎手がバラした必勝競馬術 [ 渾一成 ]
一獲千金!日刊コンピ王

フェブラリーS

フェブラリーSのような超大穴が出た時に威力を発揮するサイン競馬!

皆さんこんにちわ、日刊コンピ指数ファン倶楽部の三橋です。


東京は晴れて穏やかな陽気に包まれ、早くも春を感じさせてくれるような天気です。

単勝270倍、16頭立てのドンジリ人気、かの有名なDrコパさんの持ち馬でもあるコパノリッキーが勝って度肝を抜かされたフェブラリーSから早二日が経ちました。

ちなみに私は、日曜日は馬友と一緒に後楽園のウインズに出没、昼過ぎから競馬へ参戦していました。

その馬友は私とは予想の仕方がまったく正反対、パドックだのオッズだの血統だの指数だのとどうでもいい男。

俗によくいるサイン競馬好きな奴です。

的中率では私には全然遠く及ばないですが、ことフェブラリーSのような大穴が飛び出した時というのは何故か強い人間なんです。

私のフェブラリーSの予想はメルマガをご覧になってらっしゃる方ならご存知だと思いますが、1番人気のベルシャザールを連対圏から外して予想したまではよかったのですが、後がまるで万事休す。

しかし、その馬友はフェブラリーSの3連複をしっかりと獲っていました。

今回も色んなサインというのが出ている中で、一番決め手になったのはJRAから配布されているレーシングプログラムの中に書いてあったようですよ。

種を明かせば、今年のような冬季オリンピック期間中のフェブラリーSでは、過去に順不問で4歳と5歳と6歳馬の1頭づつの決着が多いとのことでした。
ですからそいつはまず6歳馬のベルシャザールを頭にして、5歳馬のホッコータルマエとブライトラインを2頭軸に、後は何も考えず、躊躇わず、それこそオッズなども眺めずに4頭いる4歳馬への流し馬券を買ったみたいです。

それだけに限ればたったの8点ですよ!

それで3連複の配当が550倍!!

そいつ曰く、笑いが止まらないというのはこういうもんだねと鼻高々でした。

もちろん長年の付き合いの男でもあるんで、ご祝儀をもらい、その夜は赤坂の方へ移動して、口の中に入れただけでトロけるような旨い肉を食いながら酒を飲み、それからお楽しみに連れていってもらったのは言うまでもありません


普通に考えていたんではドンジリ人気のコパノリッキーなんていうのは買えないし、オッズを見てしまうとどうしても躊躇しちゃうというのが当たり前です。

これが数字の魔力なのかもしれませんね。

私がいつも口にする「勝てば官軍」とはまさにこのことですね。

そして、たまにこういう話題をココで書きますが、「なるほどね、そういう考えもあるんだな」ということを頭の隅にでも入れておいてもらえれば幸いに思います。

さて、早いもので今週の競馬から弥生3月、春競馬が始まります。

あっという間に桜の咲く季節になっちゃいますね



スポンサードリンク






| 東京 ☀ | フェブラリーS

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。